top of page

伝統的料理をテーマとしたダッチ・デー(オランダ・デー)開催

更新日:5月8日

Daelmans Stroopwafel社との提携により、様々なスイーツを提供するほか、新しい特別メニューやオレンジパーティーで、ホーランドアメリカラインのオランダとの関連についての歴史を振り返ります。



ダッチ・デーの目玉は、メインダイニングルームで1クルーズに1回提供されるテーマ別のダッチ・ディナーで、メインダイニングで楽しむことができます。また、カジュアル・ブッフェダイニングのリドマーケットでも多くの料理が提供される予定です。


また、ホーランドアメリカラインの人気イベントであるオレンジパーティーが、ダッチ・デーと同日に開催されることとなり、クローズネストのカフェでは作りたてのポッフェルチェ(オランダの小さなパンケーキ)をお楽しみいただけます。


ダールマンズ社との新しいパートナーシップでは、オランダの定番であるストロープワッフェルを使った美味しいデザートや、ダールマンズ・ストロープワッフェルをターンダウン・ピロー・トリートメントとして各客室にご用意することになります。


ダッチ・デーのテーブル
ダッチ・デーのテーブル

ホーランドアメリカラインのフード&ビバレッジ、客室部門担当副社長であるマイケル・ステンデバッハは、「ホーランドアメリカラインは、オランダのルーツと深いつながりを持ち続けています。私たちのゲストは、ターンダウンのためのDaelmans Stroopwafelやダイニングルームでのオランダ料理のような特別イベントが開催されることを嬉しく思います。私たちは、私たちの文化的遺産をより多く紹介するために、船上体験の機会を作れることを楽しみにしています。」と述べています。


オランダでは料理の伝統が深く根付いており、ダイニングルームでのオランダ料理をテーマにした特別ディナーでは、伝統的なオランダ料理から現代的なオランダ料理まで、幅広いメニューが用意されます。前菜には、オランダ風カクテルソースを添えたベイシュリンプカクテル、オランダ風エンドウ豆のスープ(Erwten Soep)、オランデーズソースを添えたマッシュルームクリームのシュークリームなどがあります。


オランダ風のメインディッシュには、鶏のサテとピーナッツソースを添えた炒め麺料理「バミーゴレン」、レモンバターを添えた「ドーバーソールのフライ」、シャトーポテトを添えた「ホッジ・ポッジ・クラップシュトゥク」などがある。

デザートには、Bosche Bol(チョコレートで覆われた大きなシュークリーム)、Tompouce(オランダのミルフィーユ菓子)のほか、伝統的なオランダ風アップルパイなどがあり、食事の締めくくりにぴったりのスイーツが揃っています。




ダッチ・デーのターンダウンで配られます
ダッチ・デーのターンダウンでピロートリートメントとして配られます

1904年にオランダで創業し、本格的なレシピで有名な家族経営のベーカリー、ダールマンズ・ストロープワッフェルとのコラボレーションにより、「ダッチ・デー」では、ダイニングルームとリド・マーケットのディナーメニューのデザートにストロープワッフェル・チーズケーキが、ティータイムにはストロープワッフェル・ナポレオンが登場します。また、一部のバーでは、シナモンとキャラメルの香りが漂うシュトロープワッフェル・リキュールを提供します。さらに、伝統的な客室のターンダウンチョコレートの代わりに、ダールマンスのストロープワッフェルが枕元でお客様をお待ちしています。


さらに、全客船のクロウズ・ネスト・カフェでは、オランダの伝統的なお菓子である、小さくてふわふわのパンケーキに似た焼きたてのポッフェルチェ(Poffertjes)を、ダッチ・デーだけでなく毎日、(有料で)提供いたします。


ダッチ・デーにオレンジパーティーが開催されます

ホーランドアメリカライン(HAL)では、1クルーズに1回、ライブミュージック、カクテル、スイーツをお楽しみいただけるオレンジパーティーを開催しています。オレンジ・パーティーは同社のオランダの伝統(オレンジはオランダ王室の色で、オレンジ家の出身)に敬意を表し、ゲストはオレンジ色の服装やアクセサリーを身につけて楽しみます。

食後のお祭りでは、オレンジをテーマにした特別カクテルが用意され、サーバーがフィンガーフードやスイーツを配ります。ダッチ・デーは、HALのクルーズで訪れる場所の文化、歴史、伝統に浸るための体験を提供するプログラムの一環となります。



閲覧数:68回

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page