top of page

75年を誇るホーランドアメリカラインのアラスカ

アラスカ・クルーズと言えば、ホーランドアメリカライン。ホーランドアメリカラインは、この地で75年もの間クルーズの運航経験があり、その歴史を誇ります。他社の追随を許さない、専門知識が豊富な船社です。




アラスカ州にあるグレイシャーベイ。ここは絶景であり野生生物の宝庫です。潮間氷河の数が多く、ここでは多様な海洋生物の叫びやその群れを発見することができます。霜が降りた山頂や苔むした森、静かな入り江などグレイシャーベイはアラスカクルーズの魅力がつまっています。



アラスカ州グレイシャーベイとは何ですか?

アラスカ州グレイシャーベイは、24万エーカーもある広大な土地でありユネスコ世界遺産の一部です。世界遺産にはエリアス国立公園の自然保護区、ブリティッシュコロンビア州のタッチェンシニーアルセク州立自然公園も含まれ、そして大変にスケールが大きいこのグレイシャーベイ国立公園もその一部です。陸路ではアクセスできないため、人間の干渉はほとんどありません。

有名なグレーシャー氷河だけを見るべからず。山々の頂、フィヨルド、入り江、川、、森林、丘陵地帯、平野、小川、湿ったツンドラの荒野、そこに生息する野生動物の羽ばたき、叫び声、足音などなど・・・それはまるで大自然の交響曲です。

キャプテンジョージバンクーバーが1794年にこの海岸線を探検したとき、この地域は数千フィートの厚さの氷の単一の氷河シートで覆われていました。それ以来、氷河は約65マイル後退し、その氷河の下に眠っていた現在の地形が現れました。

グレイシャーベイ国立公園は、現在1,000以上の氷河で構成されております。面積でいうと30万エーカーのほぼ3%を氷河がカバーしています。氷河のうち3つは、氷山が砕け海に落ちる活潮氷河と見なされています。この氷河の「分娩」は、アラスカのクルーズ船に乗って見られる最も壮観な光景の一つです。新しい地域が露出(氷河が解消)するにつれて、何年にもわたる氷の抱擁から解放された陸と海から新鮮な生命が湧き出ます。ホーランドアメリカラインの船上デッキから、見事な熱帯雨林、フィヨルド、古代トリンギットの故郷を見渡し、こころゆくまで鑑賞してください。







閲覧数:224回

Comentarios


bottom of page